車内身の回り品特約

車内身の回り品特約

車両保険では、事故等で車のボディーや車に定着・装備していたものが損害を被った場合に
補償がされるのですが、車に積んであった身の回り品などの損害は補償対象外となります。

 

でも、「車内身の回り品特約」を付帯しておけば、
車に積んであった物や、一時的に持ち込んだ身の回り品等の損害も補償対象となるのです。

 

例えば、このようなときに補償対象となります。

  • 事故で車に持ち込んでいたデジカメが壊れてしまった。
  • 事故により、キャリアに固定していたサーフボードが折れてしまった。
  • 盗難にあって、車の中においておいたゴルフクラブが盗まれてしまった。

 

補償対象外となる主な範囲

車内にある物が損害を被ったら、なんでも補償されるわけではありません。
補償の対象外となる場合もありますのでその一部を紹介します。

  • 事故や盗難によるものではなく「紛失」した場合
  • キャリアに固定された物を「盗難」された場合
  • 事故に関係なく単に故障した場合や、腐食やその他自然消耗。
  • 通貨、有価証券、切手、貴金属、書画、骨董、設計図、証書等
  • 動物、植物等の生物

 

免責金額

車内身の回り品特約の免責金額は5,000円となります。

 

免責金額とは「保険会社が責任を免除される金額」のこと。
例えば、30,000円の身の回り品損害があったとしたら、
保険会社から支払われる金額は免責金額5000円を差し引いた25,000円ということになります。
また、5,000円以下の損害は補償対象外という解釈もできますね。

 

補償額は新品相当額ではない

車内身の回り品特約で補償される金額は、「時価額」となります。

 

例えば、自動車事故により、車に積んでいた1年前に購入したデジカメが壊れたとすると、
新品価格から1年分の減価償却を考慮した金額から、免責金額を差し引いた金額が
保険金として支払われることになります。(ただし、保険金額を上限とします)

 

もちろん、購入した直後で、まだ箱からも出していない状態で損害を被れば、
新品相当の金額が補償されますが、通常は時価額相当の金額の補償となりますので注意しましょう。

スクエアbang!で保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!のアンケート結果



 ⇒保険スクエアbang!の利用はこちら