地震・噴火・津波危険「車両損害」補償特約

地震・噴火・津波危険「車両損害」補償特約

地震特約を説明する男

自動車保険では「地震」「噴火」「津波」による損害は補償対象外となっています。

 

つまり、東日本大震災による津波で多くの車が流されている映像がありましたが、あの流されてしまった車の損害は、車両保険の補償対象外となってしまうんですね。

 

その車両保険では対象外となっている地震・噴火・津波による車両損害を補償するのがこの特約です。(保険会社によってこの特約の名称にはかなり違いがありますので注意)

 

補償範囲については「全損」の場合のみが対象となる保険会社が多いようですが、朝日火災のように「分損」の場合も対象とするところも一部あるようです。

 

⇒全損と分損とは

 

また、その他にも保険会社によって、支払われる保険金の上限が
車両保険の金額とは別に定められているので、
中身を十分に確認してから契約する必要があるでしょう。

 

ただ、共通して1つ言えるのは、
この特約は車両保険とは違い、必ずしも車の損害を全額補償するものではないということ。

 

例えば、市場価格が30万円程度の価値の下がった車であれば、
この特約の保険金額内になりますので、
津波で流されてもその車の価値程度の保険金を受け取れますが、
100万円以上の価値がある車に関しては、
その価値の一部だけの補償となることは頭に入れておきましょう。

スクエアbang!で保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!のアンケート結果



 ⇒保険スクエアbang!の利用はこちら