車両保険を使うと等級はどうなるか

車両保険を使うと等級はどうなるか

等級について解説する男性

事故などにより車両保険を使うと等級はどうなるのかというと、

自損事故や車対車の事故であれば「3等級ダウン」します。

 

つまり、次に更新する際に保険料は上がる可能性が高いので、
少額の損害で保険を使ってしまうと、
損してしまう場合があるので注意が必要です。

 

例えば、修理費3万円の車両損害で保険を使って、
翌年の保険料が等級ダウンが影響して、
3万円以上アップしてしまったら意味ないですよね。

 

もちろん保険会社の担当者も、
それを踏まえたうえで相談に乗ってくれると思いますので
小さな損害の場合は、しっかり相談したうえで使うかどうかを決めたほうがいいでしょう。

 

等級がすえおきになる場合もある

下記の原因での車両損害の場合は「等級すえおき」となります。
(多くの保険会社が2012/10から開始する新等級制度では1等級ダウンとなります)

 

等級すえおき事故

 

この場合でも小さな損害の場合は、保険を使わないほうが得な場合も考えられますので
保険会社の事故担当者としっかり相談して決めたほうがいいでしょうね。

 

<参考>
自動車保険の等級制度

 

※「等級すえおき」というのは、現在8等級であれば、
次回は上がりもせず下がりもせずの「すえおき」で再度8等級ということになるのです。

 

 

スクエアbang!で保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!のアンケート結果



 ⇒保険スクエアbang!の利用はこちら