車両保険が使用できないケース

車両保険が使えないケース

一般車両保険をつけていれば、どんな場合の車両損害でも
補償はされるかというとそうではありません。

 

たしかに一般車両保険をつけていれば、「ほぼすべて」の場合補償されると言えるでしょう。
でも、起きる確率の低い一部の場合においては補償対象外というものもあるのです。
ここでは補償対象外となる代表的なものを説明します。

 

地震・噴火・津波による車両損害

東日本大震災による津波で、多くの車が流されてしまっていたのは記憶に新しいところ。
もしあの車の所有者が車両保険に加入していたとしても、残念ながら補償対象外となってしまうのです。

 

そういうときも含めての保険じゃないか!という方も多いとは思いますが、
地震・噴火・津波のように、頻繁に起こるものではないうえに、
被害が甚大となるようなケースに関しては保険会社が引き受け切れないケースも想定されますし、
適切な保険料を算出するのがひじょうに困難なため、補償対象外としてしまっているのです。

 

タイヤのみの損害

タイヤだけの損害に対しては補償されません。
ただし、他の部分も同時に損害を被った場合や、
火災や盗難によるタイヤだけの損害は補償されます。

 

要するにパンクはダメということになりますね。
それがいたずらによるものでも補償対象外です。

 

いたずらであれば補償してくれてもいいような気がするのですが、
これは普通に走行中にパンクしたのか、いたずらによるものなのかを判別するのが難しい、
もしくは判別に労力のかかることなので対象外にしているのかと思われます。

 

故障

そもそも車両保険は事故や盗難などによる損害を補償するものですから、
普通に使っていて故障したものを直すための補償をするものではありません。

 

その他

上記以外にも、戦争、内乱、武装反乱などの事変や暴動によるものや、
故意によるものや詐欺行為なども当然補償対象外です。

 

その他にもいくつも補償対象外となるケースはあり、
保険会社により約款上の表現などが違いますので、
これ以上の詳細を知りたい方は、加入中または検討している保険会社の
約款の車両保険のページにある「保険金を支払わない場合」という部分をチェックしましょう。
(約款は各保険会社の公式サイトにて閲覧することができるかと思います)

スクエアbang!で保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!のアンケート結果



 ⇒保険スクエアbang!の利用はこちら