車両保険の保険金の支払われ方

保険金の支払われ方

ここでは車両保険の保険金の支払われ方について説明します。

※交差点で車対車の事故
<過失割合>自分40:相手60
<損害額>  自分の車「50万円」 : 相手の車「40万円」

こんな事故の場合はどちらの保険から、どれだけ支払われるのかというと.....

 

相手の車の損害40万円

・相手の車両保険から24万円が支払われる。
・自分の対物賠償から16万円を支払う。

 

自分の車の損害50万円

・相手の対物賠償から30万円が支払われる。
・自分の車両保険から20万円が支払われる。

 

こんな感じです。

 

自分の車の修理費に関しては、自分の悪い分(30万円)は車両保険を使い、
相手が悪い分(20万円)は相手の対物賠償で支払ってもらうという形になります。

 

でも、これって示談交渉がすぐに終わった場合だけ....

 

もし示談交渉が難航してなかなか過失割合や損害額の確定がされなかったら、
相手の対物賠償からの支払いが遅れてしまうわけです。

 

もちろん相手が悪い分の30万円を自腹で立て替えることができれば、
自分の車両保険金20万円と合わせて修理工場に支払って修理してもらえばいいのですが、
もし、30万円を立て替えることができなかったら、修理できないってことになります。

 

そうなったら災難ですよね。

 

でも大丈夫なんです!
車両保険って、そんな場合も想定して、過失割合に関係なく、
保険金額内で修理代を全額支払ってくれるんですよね。

 

つまり今回の例で言うと、自分の車の修理代50万円が車両保険から支払われるわけなんです。
なので、これで安心!車を修理できますね。

 

もちろん、保険会社が相手の責任分を立て替えて支払ってくれるのですから、
示談交渉成立後、相手の対物賠償から支払われる30万円は保険会社が回収することになります。

<参考>車両保険の保険金って誰に渡されるの??
車両保険の被保険者は所有者ですから、厳密には所有者に支払われるのですが、
修理工場へ修理に出している場合は直接修理工場に支払うこともします。
いちいち所有者に払って、所有者がまた修理工場へ払ってというのは面倒ですしね。

 

それに修理工場としても心配だったりするわけです。
信用のあるお客さんであればいいのですが、初めて取引するような人の場合、
修理代を本当に回収できるだろうかって。

 

車両保険で修理代を所有者がもらったとしても、
それを所有者が修理工場に必ず払ってくれるなんていう保証はないですからね。

 

なので、保険会社から修理工場へ修理代を直接払うというのは、
修理工場にとっても、確実に回収ができるということで安心なことのようです。

スクエアbang!で保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!のアンケート結果



 ⇒保険スクエアbang!の利用はこちら