車両保険で搬送費用も補償される

車両保険を使うような事故が起きた場合、
当然、車が自力走行できないくらい損傷しているケースも多々あります。

 

そんなときに役立つのがロードサービスで、一定距離であれば無料で搬送してもらえるのですが、
保険会社によっては自動付帯でなかったり、無料搬送距離を超えてしまったりして、
搬送費用がかかってしまうことも十分考えられます。

 

車の搬送(レッカー)にかかる費用というのは、
JAFに頼んだ場合は1キロあたり720円、(会員の場合は15キロまで無料)
その他の業者に頼んだ場合、400円〜800円程度が相場のようです。
(これ以外に出動料金や、場合によっては特殊作業料金が別途かかります)

 

つまり、JAFや自動車保険付帯のロードサービスがない場合、
遠出して事故を起こして、自宅近くの修理工場まで100キロあったりすると、
そこまでの搬送費用は、最低4〜8万円程度の費用がかかってしまうということになるのです。

 

もちろん、事故現場周辺の修理工場に入庫すれば、
そこまでの費用はかからないわけですが、修理完了後に車を取りに行くか、
別料金にて、車を納車してもらう必要が出てくるわけです。

 

でも、実は車両保険があれば、
自走を可能にするための仮修理代や、搬送費用についても補償されるのです。
(一部保険会社では対象外となるところもあります)

 

ただし、いくらでも補償してくれるわけではなく、多くの保険会社で
10万円、もしくは車両保険金額の10%のうち、いずれか高いほうの金額が上限となります。

  • 車両保険金額300万円 ⇒ 搬送費用30万円まで補償
  • 車両保険金額50万円 ⇒ 搬送費用10万円まで補償

 

もし、自動車保険にロードサービスが付帯されていれば、
その無料搬送と合わせて、この金額分の搬送もできるわけですから、
かなりの距離だとしても自己負担なしで搬送してもらえることになりますね。

 

このページで説明しているのは、あくまでも事故で車両保険を使用できる場合です。
そもそも車両保険が付帯されていなかったり、車両保険が使用できない故障で自力走行不能となった場合は、当然ながら、車両保険から搬送費用が出ることはありません。

スクエアbang!で保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!のアンケート結果



 ⇒保険スクエアbang!の利用はこちら