車両保険の保険料を下げるために

少しでも保険料を安くするために

車両保険を付帯するならば、ある程度の保険料アップは覚悟しなければいけません。
でも、車両保険を付帯しつつも少しでも保険料は安くしたい場合はどうしたらいいでしょうか。
いくつかアイデアを紹介したいと思います。

 

車両クラスの低い車を購入する

車によって保険料というのは変わってきます。
実際に購入候補として考えている車で、どこか1社でいいので見積りをしてみるといいでしょう。

 

特に車両保険を付帯した場合は車によって大きく保険料が変わる可能性があります。
保険料が少しでも安い車を選ぶというのも、車の選び方としてアリなのではないかと思います。

 

詳しくは「料率クラスによって保険料は違う」のページをチェックしてみてくださいね。

 

エコノミー+Aにする

車両保険を付帯したままで、一番大きく保険料が下げられるといったらこれですね。
一般車両ではなく、エコノミー+Aにする。
つまり自損事故と当て逃げによる車両損害の補償は諦める必要があります。

 

免責金額を高めに設定する

車両保険を契約する際には免責金額の設定も行います。
免責金額というのは、保険会社が支払を免れる金額。

 

つまり、30万円の損害があって、免責金額5万円だったとすると、
保険金は25万円支払われるということになります。(全損時を除く)

 

この免責金額を高くすれば少し保険料が安くなります。

 

もちろん、実際に車両損害があった場合に、
修理費の一部を自腹でということになりますので、判断は慎重にしていただきたいのですが、
保険料をできるだけ安くしたいのであれば免責金額を高めに設定しておくのも1つの手です。

 

車両保険金額を最低限にする

車両保険金額は設定できる金額が車ごとに決まっています。
一定の範囲内で動かすこともできますので、できるだけ低い金額にしておくことで
多少ですが安くすることができます。

 

少しでも保険料の安い保険会社で契約する

これは車両保険だけに限ったことではありませんが、
車両保険を付帯する場合は特に、安い会社で契約することのメリットは大きいかと思います。
高いところと安いところでは保険料が30%前後違うなんてこともありますから、かなり大きいです。

スクエアbang!で保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!のアンケート結果



 ⇒保険スクエアbang!の利用はこちら

車両保険の保険料を安くするために関連ページ

車両保険をつけるべきか
事故だけではなく盗難リスクも考える