車の料率によって保険料は違う

車の料率によって保険料は違う

解説員

保険料というのは車によってかなり違ってきます。

 

「自家用普通乗用車」と「自家用小型乗用車」に関しては、車の型式別の損害率に応じて料率クラス(1〜9)が設定されていて、その料率クラスが高いほど保険料が高いという仕組みになっています。

 

また、軽自動車や貨物車などは、その用途車種によって、
料率が決まっており、やはり保険料が変わってくるのです。

 

つまり、同じ300万円くらいの車でも、「高い保険料の車」と「安い保険料の車」が存在するということなのです。

 

事故率が高い車は保険料も高いですし、
事故率が低ければ、保険料は安いということですね。
(実際は事故率以外に盗難率や支払われた保険金額も考慮されます)

 

例えば、いわゆるファミリーカーのタイプであれば、
無謀な運転をする人も少ないでしょうから事故は多くないでしょうし、
料率クラスが高い可能性は低いかと思います。

 

いわゆる若い人が多く乗りそうなスポーツカーだったらどうでしょう。
運転技術が未熟な若い人がスピードを出したくなる車ですから、
必然的に事故率も上がって料率も高くなっている可能性が高いでしょう。

 

このように車によって、保険料というのはかなり差が出てくるものですから、
どれくらいの保険料になるかも含めて、購入する車を検討する必要があるかと思います。

 

特に車両保険を付帯する場合は、
車によってかなり大きく保険料が変わりますから注意が必要です。

 

「保険料なんて、車両保険を付帯しても、せいぜい高くても年間10万円程度だろう」
と思って実際に車を売買契約をしたあとに見積りしたら、
「年間30万円です....」なんて言われてしまうのはよくある話です。

スクエアbang!で保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!のアンケート結果



 ⇒保険スクエアbang!の利用はこちら

車の料率によって保険料は違う関連ページ

保険料が高いと大変..