保険料が高いと車の維持が大変

保険料が高いと車の維持が大変

解説員

車を購入し維持するうえで、駐車場代やガソリン代、税金など、いろいろな経費がかかってきますが、自動車保険の「保険料」というのも大きな経費の1つです。

 

でも、意外とこの保険料を経費として意識して、
事前に調べる人ってかなり少ないようなんですよね。

 

新車を購入したので、車両保険も付帯して加入したいと思って見積りをしてみたら、「年間保険料は30万円です!」.とか言われてビックリする人も少なくありません。

 

私は自動車保険のコールセンターでオペレーター経験もあるのですが、実際にそういう状況で予算が足りずに、
渋々車両保険なしで契約するという人も結構いました。

 

車の料率によって保険料は違う」のページでも書きましたが、
車の種類によって保険料ってかなり大きく変わってくるんです。

 

なので、保険料がいくらになるかということも含めて
購入する車は充分検討する必要があるかと思います。

 

車って、意外に購入することよりも維持することが大変なんですよね。
駐車場代、ガソリン代、自動車税、オイル交換代、車検代、保険料etc....
とにかくお金がかかりまくります。

 

特に新規で契約する場合、車両保険を付帯すると、保険料はかなり高くなることが多いです。
コマーシャルでやってるような金額には絶対になりません。
(アレはだいたい20等級とかでそれほど料率が高くない車で計算しているものです)

 

保険料が高いと車を維持するのが困難になる場合もあります。
車を購入する前には車の燃費などだけではなく、
必ず保険料がいくらくらいになるか?というのも考慮しするようにしましょうね。

スクエアbang!で保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!のアンケート結果



 ⇒保険スクエアbang!の利用はこちら

保険料が高いと車の維持が大変関連ページ

料率によって保険料は違う