車両保険の種類(一般車両保険とエコノミー+A)

車両保険の種類

車両保険には補償範囲によっていくつかの種類があり、
契約者のニーズにあわせて、どれを付帯するか選択することができます。

 

一般車両

ほぼすべての車両損害に対しての補償をするものです。

 

「ほぼすべて」と書いたのは、「地震・噴火・津波」による車両損害や、
パンクなど、タイヤのみの損害だった場合など、一部補償対象外となるものもあるからです。
(補償対象外となるものに関して、詳しくはこちらのページで)

 

保険会社によって「一般条件」等とも呼ばれます。

 

エコノミー+A

一般車両から「当て逃げ」と「単独事故」による損害への補償を除いたものです。

 

  • 単独事故は起こさないくらい運転技術に自信がある。
  • 自分でぶつけてしまったり、当て逃げされたら運が悪かったと諦める。

 

そんな考えの方は、このエコノミー+Aを検討するのもいいかもしれません。
補償範囲を狭くする分、保険料を安くすることができます。

 

保険会社によって「車対車+A」「車対車限定A」とも呼ばれます。

 

エコノミー

車対車の事故による車両損害だけに対する補償となります。

 

多くの保険会社では上記の「一般車両」と「エコノミー+A」の2種類だけの販売ですが、
一部、この「エコノミー」のタイプも販売している会社もあります。

 

 

最近では、一部の保険会社では「水災の場合は除く」などと、
さらに細かく補償範囲を決めることができるところもあり、
それにより保険料を安くすることも可能です。

 

今後、そういった細かい設定ができる保険会社も増えてくるかもしれませんね。

スクエアbang!で保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!のアンケート結果



 ⇒保険スクエアbang!の利用はこちら

車両保険の種類(一般とエコノミー+A)関連ページ

保険金額の設定
車両保険だけ契約できるか
保険料は一番高い
免責金額とは