車両保険の免責金額とは

免責金額とは

解説員のキャラクター

車両保険を付帯する際、必ず免責金額の設定も行いますが、

この免責金額とはどういうものかをここでは説明します。

 

免責金額というのは、
「保険会社が補償の責任を免除される金額」という意味です。

 

例えば、車両保険を付帯していて免責金額5万円だったとします。
単独事故で自分の車が壊れてしまったため、
修理に出したところ修理代が30万円かかりました。

 

この場合に支払われる保険金は
修理代から免責金額5万円を差し引いた25万円となり、
修理代のうち5万円は自己負担することになるのです。

 

  • 免責金額:5万円
  • 修理費用:30万円
  • 支払われる保険金:25万円
  • 自己負担:5万円

 

つまり免責金額というのは「修理代のうち自己負担する金額分」という解釈もできますね。

 

ちなみに、車が修理不能となってしまった場合や、
保険金額以上の修理代がかかる場合は、免責金額は対象外となります。

 

保険金額100万円だったとすると、免責金額は差し引かれず、
満額の100万円が支払われることとなるのです。

 

車両保険の免責金額設定

契約する際、「1回目の事故の免責金額」と、
「2回目以降の事故の免責金額」を設定するのが一般的です。

 

免責金額設定のバリエーションをいくつか紹介しておきます。
上に書かれているパターンほど、免責金額は小さくなるため保険料は高くなります。

 

1回目0円 2回目以降10万円

1回目の事故の場合は免責ゼロ。2回目の事故に関しては10万円免責となります。

 

1回目5万円 2回目以降10万円(車対車免責ゼロ特約あり)

1回目の事故の場合は基本的に免責5万円ですが、
「車対車免責ゼロ特約」がついているので、車対車の事故の時に限り免責ゼロとなります。
2回目の事故に関しては10万円免責となります。

 

1回目5万円 2回目以降10万円

1回目の事故の場合は免責5万円。2回目の事故に関しては10万円免責となります。

 

1回目10万円 2回目以降10万円

免責金額は一律10万円となります。

 

※保険会社によっては、この4種類以外の契約が可能なところもあります。

スクエアbang!で保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!のアンケート結果



 ⇒保険スクエアbang!の利用はこちら