車両保険金額

車両保険金額の設定について

解説員

車両保険を付帯する際、

必ず「保険金額」というものを設定する必要があります。

 

この金額は、車両が「全損」の状態となった場合に
支払われる保険金の額ということになり、
車両保険で支払われる最高金額と言うこともできます。

 

この保険金額は車の型式によって決められている
一定範囲の金額内で、車の購入金額や
現在の保険金額を参考にして決定されます。

 

一定範囲の金額というのは市場価格に基づき決められているもの。
そして、あくまでもこの保険金額というのは、もし車が全損となった場合に、
同等の車を再度購入するために必要となる金額という考え方になります。

 

よって、市場価格が150万円の車に500万円の車両保険をつけたり、
逆に30万円だけをつけたりすることはできないのです。

 

ちなみに車両の損害は「全損」「分損」に分けられます。

「全損」

車が修理不能なほど壊れてしまった場合、
もしくは修理代が保険金額以上となった場合。
車を盗難されてしまった場合も全損と同様に扱われます。

 

この場合、保険金額として設定された金額が支払われます。

 

また、会社によって名称は異なりますが、
「車両全損時諸費用補償特約」というものがついているところも多く、
全損の場合は、再購入時等の諸費用として、
車両保険金額にプラスして支払われることもあります。

「分損」

車が修理可能で修理金額が保険金額未満である場合。

 

この場合は、その修理金額が支払われます。
ただし、免責金額を設定している場合は、その金額が差し引かれますので、
修理代のうち、一部自己負担が発生します。

 

<例>修理代:50万円  免責金額:5万円
この場合、車両保険から45万円が支払われますので、
修理代のうち5万円は自己負担することになります。

スクエアbang!で保険料を節約できるかも!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!のアンケート結果



 ⇒保険スクエアbang!の利用はこちら