自動車保険へ車両保険の付帯を検討中の方へ

当サイトでは自分の車への損害を補償する「車両保険」について解説します。
基礎知識はもちろん、付帯を迷っている方へのアドバイス、保険金の支払われ方など、
私の経験を活かして様々な車両保険に関する情報をお伝えしていきたいと思います。

車両保険とは

車両保険の解説員キャラクター

車両保険とは、任意の自動車保険に付帯できるもので、自分の車の損害に対する補償をするものです。

 

  • 交差点で他車と衝突してしまい、自車が損害を被った。
  • 高速道路を走行中、飛び石により窓ガラスが破損した。
  • ガードレールに接触して、車体が凹んでしまった。
  • 車にいたずらされて傷をつけられた。
  • 大雨による増水で車が水没。動かなくなってしまった。
  • 車を盗まれてしまった。

 

上記のような事故や、盗難などの被害にあったときなどに
車の修理代や、新たな自動車の購入費等を補償するものです。

 

この車両保険は希望により、付帯しないことも可能ですが、
付帯する場合には、下記2種類のいずれかを選択することができます。
(保険会社によっては、さらに別の種類が用意されている場合もあります)

一般車両保険

ほぼすべての車両損害に対する補償を受けることができるものです。

エコノミー+A

一般車両保険から「単独事故」と「当て逃げ」による車両損害の補償を除いたものです。

注:保険会社によって名称は異なります

 

もちろん、補償の厚い「一般車両保険」のほうが保険料は高くなりますので、
その点も考慮して、どちらを付帯するのかを検討しましょう。

 

なお、車両損害があればどんなケースでも補償するわけではありません。
「地震」「噴火」「津波」や、戦争・紛争やテロなど、
車両保険が使えないケースもありますので、その点もしっかりチェックしておきましょう。

 

もし、「地震」「噴火」「津波」の場合にも補償を受けたい場合は、
一部保険会社で扱っている「地震・噴火・津波危険補償特約」を、
車両保険にプラスして付帯する必要があります。
(保険会社により特約の名称は異なります)

<参考>
「地震・噴火・津波危険補償特約」を扱っている保険会社(一部)
・東京海上日動 ・日本興亜損保 ・あいおいニッセイ同和損保 ・損保ジャパン

 

あくまでも上記の会社はこの特約を扱っている一部です。
上記以外にも扱っている保険会社はあります。